2015.07.06更新

こんにちは!北元です(^^)

 

 

 

先日営業後に西山さんの髪の毛を2㎝整えてカットしたら、

 

 

 

 

 

 

 

「痛んでるところとれて超スッキリしましたー(^^)ホント助かります♪」

 

 

 

 

ってとっても喜んでくれました。

 

あ

 

 

 

 

 

 

多分この時の「超スッキリ」って心のスッキリ面も大きかったりすると思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

毛先の枝毛や切れ毛って男性が思っている以上にストレスといいますか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッと見の視覚的にはそんなに変わらなくても

 

 

 

 

 

 

毛先のダメージが取れたってだけであんなに笑顔になってもらえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し前に話題になりましたが、ツイッターで「美容師」と検索すると、トップに

 

 

 

 

 

 

 

「美容師 やめたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

とでてきます。

 

 あ

 

 

 

 

 

 

 

寂しいことですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が美容師になって2日目に思ったことと同じです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、わかります。  とっても。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、いつからでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やめたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やめる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という選択肢がなくなってしまったのは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーやカラーが合格した時ではありませんでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリスト(カットができる)になった時かというと、そうでもありません。(というか時々思ってました。)

 

 

 

 

 

 

3年目?

 

 

 

 

 

 

 

 

5年目??

 

 

 

 

 

 

いや、時期は覚えていませんし、関係ないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

いくらテストに合格しても、時々早く帰れても、しょーーーーーーーじき先輩やお客様に褒められても(嬉しいですが^^)、その気持ちがゼロになることはありませんでした。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがある日、ある案件で先輩(上司)から

 

 

 

 

 

 

「頼む」

 

 

 

 

 

 

 

 

と言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またある日にはお客様から

 

 

 

 

 

 

 

「ほんっっとに助かりました。」

 

 

 

 

 

 

 

 

と言っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頼まれる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助ける??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレが???

 

 

 

 

 

 あ

 

 

 

 

 

自信があることなんてひとつもない僕に衝撃が走りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

 

僕にとっての最大の喜びは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頼られること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は自分の息子(4歳)に

 

 

 

 

 

 

「よくできたねー^^」

 

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「すごい!えらいねー^^」

 

 

 

 

 

 

 

とかあまり言いません

 

 あ

 

 

 

 

 

 

 

何かを取ってくれたり、自分で着替えができたときには

 

 

 

 

 

 

 

「ありがとね^^」

 

 

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

「父ちゃん忙しかったから助かったわー」

 

 

 

 

 

 

とよく言います。

 

 あ

 

 

 

 

 

 

スタッフにも同じで

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく

 

 

「ありがとね」

 

 

 

 

「頼むわ」

 

 

 

 

 

「助かる!」

 

 

 

 

 

 

という声かけを心がけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親子でも上司、部下でも

 

 

 

 

 

「褒める」

 

 

 

 

という言動は良かれ悪かれ

 

 

 

 

 

 

「タテ関係」の元で発生します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対して「頼む、頼られる」は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨコ関係のウェイトがかなり大きいとおもいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子もスタッフも僕に頼まれ、それをやり遂げる。

 

 

 

 

 

 

父としてではなく、上司としてではなく、本心でヨコの繋がりのあるヒト同志として

 

 

 

 

 

 

 

 

「助かった」

 

 

 

 

 

 

と言われた時の彼らの表情は

 

 

 

 

 

 

 

 

褒めた時のそれとは明らかに違います。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、褒めたり、タテの関係も必要ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

タテとヨコの線の数、太さのバランスはとても大事なのではないかと。

 

 

あ 

 

 

 

 

 

 

 

拡散力ゼロの僕がこんなブログ書いても何にもなりませんが笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、やめたい美容師さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった一回、どんな事でもいいので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頼られてみましょう!

(もちろん努力してね☆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、やめたがってる美容師がいる美容室のやめたい気持ちのカケラもない美容師さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった一回、どんな事でもいいので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは信用し、そして信頼しましょう!!

 

 あ

 

 

 

検索で「美容師 楽しい」

 

 

になる日もそう遠くないかもしれませんね!ww

 

 

 

 

 

自戒を込めて、精進していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

以上、青木君と西山さんが忙しい分、ヒマな北元がお送りしました!

 

 

 

 

 

最近青木君、西山さんのウデがメキメキ上がっているcelilo【セライロ】の詳細はこちらから!!(頼っていますw)

 

 

 

 

ではでは☆

 

 

 

 

 

 

celilo【セライロ】  北元

 

 

 

 

 

 

個人の見解ですからね。。。(´д`ι)

 

 

投稿者: celilo